Pocket

ピーナッツの殻むきは、完全に機械化されています。まず、落花生を大型脱皮機に入れます。この機械の内側には、木製の羽状のものがありこれが回転しながら、落花生の殻を割っていきます。
割れた殻は、羽の風圧によって外に飛ばされ、渋皮のついた裸の豆だけが残るという仕組みになっているのです。
次に、内皮付きの豆は粒型選別機に入れられ、サイズによって一等から五等までのランクに分けられます。その後、お湯に漬ける湯漬け法か、ロースターで妙って乾燥させる方法のどちらかで、内皮を取りやすくし、それから脱皮機に入れて皮を取り除きます。
なお、取り除かれた殻や渋皮は、ブタなどのエサにされています。

ちなみに落花生の栄養は、脂質は、オレイン酸 リノール酸が多く、コレステロールを減らす働きがあります。活性酵素の働きでも酸化されにくく悪玉コレステロールを減らし血圧を下げる働きもあります。

ピーナッツの渋皮には、抗酸化パワーを持つレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が豊富に含れ血液をサラサラにして心臓病や生活習慣病の予防に効果的。そのまま食べても、料理にぜて食べてもよい。