血糖降下剤を使わずに糖尿病を克服できたのは「活泉水」のおかげ!ヘモグロビンA1Cが下がりLL体型も解消

Pocket

快眠、快便、快食の3拍子そろった健康体に!シワもとれて大喜び!活泉水様々

昨年秋の人間ドックで高血糖だと注意を受けたとき、「やっぱり!」という思いでした。
もともと糖尿病の家系で、入院したり、インスリン注射をする親族の姿を何度も見ていたからです。

透析で苦労をしている叔母や叔父をの姿をみるたびに私も注意しなくちゃ!とずっと思っていました。遺伝というのは、生活習慣、食習慣だけでは超えられないんだとあらためて知りました。

私の場合、血糖値は120 mg/dlだったのですが、ヘモグロビンAICが7.7%と高めでした。悪玉コレステロールも174 mg/dlと基準値ギリギリで、憂うつな思いがつのりました。週に3~4回も4~5時間拘束される透析を我慢弱い私が乗り越えられるとは到底思えませんでしたし、透析に対する恐怖感は人一倍ありました。

そんなときに、糖尿病が快復する水と以前に雑誌で紹介されていた、活泉水のことが頭をよぎったのです。水で糖尿病がよくなるの?と思いつつも、試しに飲んでみたところ、まろやかな味わいでとてもおいしい。体の中にすーっと溶け込んでいくような不思議な感じがしました。

私の細胞に水が届いている感じ?と言えばいいのでしょうか?この日から私は、水分の摂り方についても勉強を開始。体によく吸収される水分摂取について学びました。これまでに全く気づかなかったことにも気づくようになりました。

私はひと口で気に入って、それからはジュースやコーヒーは禁物にして、活泉水を2リットル飲むことを日課としました。

当初の半信半疑の気持ちが消え去って、活泉水はすごい!と実感したのは、飲用開始から2ヶ月後のこと。ヘモグロビンA1Cが6.9までスッと下がったのです。

以降は2ヶ月に1回の検査のたびに、ヘモグロビンA1Cは6.5→6.0と段階的に改善しました。

これには医師も驚くばかりで、血糖値も102 mg/dlで問題ないレベルになり、悪玉コレステロールまで127mg/dlの安全圏におさまったのです。

さらに予想外の感激だったのが、以前から念願だったダイエットに成功できたこと。活泉水を半年飲んだころには、体重が77 kgから68 kgにすんなり減って、それまでのLL サイズの服がダボダボになりました。「やせたら?」と夫に嫌みを言われることもありません。

体調の悩みも解消して、体のだるさを感じなくなり、便通は毎日良好ですし、尿がスッキリとよく出ます。日光アレルギーの肌のブツブツまで消えて、肌にプルプルの張りが出て、シワがなくなったのもうれしいこと。

薬なしで糖尿病を退治できて、美容にもいいことがいっぱいあって、活泉水は本当にありがたい水!と感謝することしきりです。

糖尿病を血糖降下剤なしで改善できた活泉水はこちら。

桜島 活泉水
桜島 活泉水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください