Pocket

食間は、空腹時に飲むという意味

「食間」とは、食事中のことではなく、食事と食事の間という意味で、食事を終えてから約2時間後が目安です。湊方薬は、「食前」あるいは「食間」に飲んでくださいと指示されるものがほとんどです。

それは、お腹の中に何もない状態のときに警飲んだほうが、ほかの食品に邪魔されず、血液中に吸収される速度が速いので、早く薬効が得られるからです。

ただし、麻黄が入っている「葛根湯」などは、胃の弱い人には胃に悪影響を及ぼすこともあるので、食後に飲んでよいということになっています。西洋医学の薬は「食後」に飲むように指示されます。それは、西洋医学の薬が胃を荒らすからです。

薬のリスク「危険な飲み合わせ」