Pocket

効果が減少するだけでなく危険な場合もあるので注意

錠剤を噛み砕くことは、そうやって飲むようにと指示された薬以外は、絶対にやってはカいけません。

噛み砕くことによって薬の働きが悪くなり、十分な効果が得られないこともありますし、苦みなどがあり、そのままでは飲みにくいものもあります。同様に、カプセルをはずして服用することもやってはいけません。

カプセルの中から出された薬が空気に触れて、薬の成分が分解してしまうこともあります。薬の効果を最大限に上げるため、あるいは効かせたい場所まで届かせるため、苦みやニオイ、刺激性などを抑えて成分を安定させるためなど、さまざまな理由で薬の形状が決まつています。

薬を砕くことで、速く溶けるだろうと考える方がいるかもしれませんが、内服薬は一度肝臓に入ってから効かせたい場所に運ばれます。
このとき、速く溶けすぎたために効かせたい場所に届かなかったり、便とともに排泄されてしまうこともあります。体の中で成分が徐々に溶け出し、長い時間効果があるように工夫されている薬もありますし、胃で溶けることなく腸で溶けるように、表面をコーティングした錠剤もあります。

薬は、自分の自然治癒力が落ちたときに元のレベルに戻そうと、体の中に入って細菌をやっつけたり、熱を下げたりします。それだけに使い方を間違えたら大変なことです。薬は、医師や薬剤師の説明をよく聞き、説明書に善かれた正しい飲み方をしまししょう。