絶妙名茶葉のバランスが血糖値を下げる「八酵麗茶」

Pocket

8種類の茶葉によるトリプルパワー

糖尿病の自力改善にお茶の飲用がすすめられる理由は、第1に毎日無理なく続けやすいこと。食事と一緒に、または運動の際などに飲めばいいのですから、誰でもストレスなく習慣にできます。加えて、糖尿病の自覚症状のひとつであるのどの渇きを癒すという意味でも、一石二鳥の効用があるといえるでしよう。

最近は、「活泉水」が糖尿病に効くという口コミも多数あります。

とはいえ、血糖値を下げるために役立つといわれるお茶は、現在数多く市販されています。そのため、いったいどれを飲めばいいのか、なかなか判断がつかない方もおられるでしょ、う。そうした数々のお茶の中から、ズバリ本物を選ぶためには、チェックしたいポイントが3つあります。

ひとつは、高血糖の解消に働く茶葉が豊富に含まれていること。そして、茶葉の効能を高めるための工夫(茶葉の配合バランスや発酵処理など)がほどこされていること。実際に糖尿病の患者さんが一定期間飲むことで、血糖値やヘモグロビンA1Cが下降したか、医療機関などによる飲用試験が行われていることも重要です。

これらのチェックポイントを満たす本物のお茶として、評価が高いのがテンペ菌発酵の薬草茶なのです。テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」には、独自の効能を持つ茶葉が8種類もブレンドされています。

これらの茶葉のバランスが絶妙で、血糖値を改善したり、毛細血管を強化して合併症を防ぐトリプルパワーを発揮します。茶葉をテンペ菌で発酵させることも、薬草茶の特長として見逃せません。

テンペ菌とは、もともとインドネシアのハイビスカスの葉に好んで繁殖する菌(緑葉内生菌)です。現地の人々は、このハイビスカスの葉をお茶にして飲用しています。

テンペ菌で茶葉を発酵させる最大のメリットとは、お茶の効能強化に役立つこと。茶葉の有効成分を増やしたり、体内での吸収を高めてくれるのです。

一例として、薬草茶に含まれるギムネマ・シルベスタの場合、テンペ菌発酵によって有効成分のギムネマ酸(糖の吸収を抑える) が1.3倍に増えます。苦みや酸味を抑えて、飲みやすい風味に仕上げることもテンペ菌発酵の効用です。

手軽に飲用できる「糖尿病脱出の専門茶」として、テンペ菌発酵の薬草茶はみなさんのご期待に応えて、血糖値の安定に役立つでしょう。

糖の吸収を促す酵素の働きを抑える参考までに、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」の摂取によって、体内への糖の吸収がカットされることを証明したデータをご紹介します。

この研究では、α-グルコシダーゼという消化酵素の阻害作用が調べられました。
α-グルコシダーゼは、主食(ご飯、うどん、パンなど)に含まれる糖質の分解・吸収を促す酵素です。その働きが阻害されれば、食後の糖質の吸収が減って、高血糖を元から断てることになります。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」はα-グルコシダーゼの働きを66%抑制。すなわち、ほぼ3分の1に下げることがわかりました。

つまり、朝昼晩で計3杯のご飯を食べても、1杯分の糖質しか体内には吸収されない、と換算できるわけです。

毎日の食事療法のサポートとして、このうえない働きといえるでしょう。それにプラスして、インスリンをサポートして糖をぐんぐん減らす効果と血管強化や合併症予防んお効果が加わることで、糖尿病を難なく撃退に導いてくれるのです。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲用中の方はすでに数多く、血糖値とヘモグロビンA1Cの大幅な改善例が相次いでいるとのこと。

のどの渇き、足のしびれ、こむら返り、尿の甘い臭いなどが解消したという声も続々届いているといいます。

テンペ菌発酵の薬草茶の使用感(糖尿病に効果)
https://1088note.com/tenpe/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください