再発を繰り返す腸ポリープを「活泉水」にしたらやっと解消

Pocket

活泉水のおかげで10年来の高血圧も降圧剤不要になった

私はすでに活泉水を6年以上も愛飲しています。すっかり活泉水のフアンになっているといってよく、その理由はこの水を飲むうちに、体にいいことを次々実感しているからにほかなりません。

味もとても美味しくまろやかな味で、今となっては水道水は飲めません。とても体に合っているように思う心地よさが他のミネラルウォーターとは異なる点でしょうか?

桜島 活泉水
桜島 活泉水

まず一番に感激しているのが、持病だった腸のポリープから解放されたこと。ポリープが当初できたときは、45日間も入院して手術で切除したのですが、その後も2~3年おきに再発。切っても切ってもできるのです。何がいけないの?とノイローゼになりそうでした。

ところが、活泉水を根気よく飲むうちに、一昨年の検査で「異常なし」という言葉をようやく医師からもらうことができました。

もう定期検査も1年に1回見せてくれればいいでしょう。といわれて、心から安堵したのです。本当に嬉しかったです。

もうひとつ、活泉水のおかげと信じているのが、高血圧を降圧剤なしでコントロールできるようになったことです。うちは、もともと父も母も高血圧で祖父も高血圧体質でしたので逃れられない…と諦めていました。

血圧160 mmHGものの状態が10年以上続いて、医師には薬をすすめられていたのですが、どうにも気乗りがしませんでしたが仕方なく服用していました。
父が降圧剤のせいでボケが進んでしまい、母がとても苦労したイヤな思い出がトラウマになっていたので、どうしても降圧剤は毛嫌いしてしまっていました。

そこで、活泉水をせっせと飲んだところ、血圧が徐々に下がって、ついには110~120 mmHGものに安定するようになったのです。当然ながら、医師は、もはや薬の「く」の字も口にすることばありません。

視力の改善も活泉水に感謝していることで、老眼鏡を使わなくても、手元がクッキリ見えるようになりました。そのうえ、眼科で手術を提案されていた、右目の白内障まで大改善。視界のかすみとまぶしさが解消して、手術はとりあえずなくなりました。

現在では、糖尿病に悩んでいる妻も活泉水を飲用するようになりました。

外出するときも、ペットボトルに活泉水を入れて小まめに飲んで、血糖値は120~150 mg/dlで落ち着いているとのこと。今後も夫婦の健康の秘訣として、活泉水には末永くお世話になろうという心境です。

私の再発を繰り返す腸ポリープを治してくれた「活泉水」はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください