Pocket

気づいたら棺桶に片足をつっこんでいた

ずっと病気知らずでいた私が糖尿病に足を踏み入れたのは、今から10年前のことです。実母と夫の母の介護に追われて、倒れ込むほど体が疲れきっていた時期でした。同時に血圧も150/90 mmHGに上昇していて、医師に「棺桶に片足を突っ込んでいる」とまでいわれたのです。

動揺したときに思い出したのが、数年前、友人にすすめられた活泉水でした。特にピンときたのが、活泉水にはミネラルのケイ素が豊富ということ。当時、なじみの整体の先生からも「体のためにはケイ素がいいよ」と助言されていたのです。

さっそく、私は飲み水は活泉水だけにすることに決めて、毎1.5~2リットルはしっかり飲み干すように。ご飯を炊くのも、野菜を煮るのも活泉水を使うように徹底しました。この努力が見事に実を結んで、活泉水を飲んでわずか一カ月後には、血糖値が160 mmHGから110 mmHGへと急降下。血圧も130/70 mmHGに改善して、医師から「この数値なら文句なく健康体だ」と81太鼓判をもらったのです。さらに喜んでいるのが、活泉水を飲んでいると体が太らないこと。ケーキや甘いお菓子をバクついて、体重が1~2 kg増えても、すぐにもとどおりに減ってくれます。

友人と旅行で食べ歩き・食べ放題で満腹しても、スタイルは全然変わらず。ホテルまで持ち込んで、活泉水を飲んでいるからに違いありません。今では活泉水を洗顔にも用いており、肌の色が白くなって、シミが薄くなったことを実感しています。

活泉水を含ませた泡で、首・胸元・手を洗ったら、アレルギー性の湿疹まで消えました。あれもこれも活泉水のおかげと感謝するばかりで、これほど信頼できる水はほかにない!というのが本音です。

私を救ってくれた活泉水はこちら。