食事でもっと健康になる

Category: 口

高齢でなくても歯周病になる

様々な原因で歯周病は発症する

若い人でも歯周病になります。特に現代人は、硬いものを食べなくなっているので、顎が小さかったり、歯並びが悪くなっているといった原因に加え、しつかり歯を磨けていない…そのために、若者にも歯周病患者は増加しています。

歯周病のもっとも大きな原因は「食べカス」です。毎食後の歯磨きももちろん大切ですが、歯間ブラシや糸ようじなどで歯の問に詰まった食べカスを取り除くことも歯周病予防には大切です。

また、よく噛むことも大切です。噛むという行為は、歯の周りの組織を丈夫にすることにつながります。したがって、硬いものを噛めば、歯の周りの汚れをも一緒に取り去るという「自浄作用」を生むことになります。

逆に、柔らかいものだとあまり噛まないで飲みこんでしまいますから、歯と歯の問に食べカスが溜まりやすいのです。この食べカスにバイ菌が繁殖し、歯周病の原因になります。

また歯垢や歯石も歯周病の原因になります。歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の板の間の、いわゆる歯周ポケットの中に侵入していって、その中で繁殖を繰り返すことによって、歯周病を進行させていくのです。また糖尿病などの全身性疾患が歯周痛の原因になることがあります。

そのほかにも、ストレスなどの精神的なものや、ホルモンのバランスなどもこれに加わります。それ以外にも、歯にかぶせた金冠や陶材のクラウンと歯の間、もともとの歯と入れ歯との間なども食べカスが溜まりやすい場所になります。

歯肉の形態がデコポコしていたり、歯と歯肉の境目がくぼんでいたりしても、食べカスは溜まりやすくなります。塩入りの歯磨き粉をつけた歯ブラシで、歯茎をマッサージするようにするのも歯茎の腫れや出血、歯周病予防にオススメです。ただし、力を入れすぎると逆効果ですので、やさしくマッサージしましょう。
口が乾きやすい人は糖尿病と関連する歯周病菌が増加。耳の下をもむと口の中の悪玉菌が減り、高血糖も改善する

虫歯で死ぬこともある

虫歯だけでなく歯周病でも死亡する可能性がある

歯周病や虫歯などの菌が、血管を通って心臓や脳にたどり着き、心臓病や脳卒中を引き起こすことがあります。また、肺炎の原因菌と一緒に気管を通り、気管支炎や肺炎を引き起こし、場合によっては死亡することがあります。

「感染性心内膜炎」は、心臓の内部に細菌や真菌が感染して、弁膜が障害を受ける病気です。菌の感染経路としては歯からが多く、虫歯や歯槽膿漏、抜歯の後などに菌が体内に侵入し、心臓内部で菌が繁殖します。もともと弁膜症を持っている方や、心臓に生まれつき穴が開いているなどの「先天性心疾患」の方がかかりやすい病気です。

感染性心内膜炎の主な症状は、高熱です。菌が心臓の弁膜にくつついて炎症を起こして、弁の破壊が進むと弁の閉鎖不全が起こり、最終的には心不全症状が現れます。
また、菌の塊が弁に繁殖し、その一部が心臓から全身の血管に飛ぶことによって、「梗塞」の症状を起こします。脳血管に飛べば、脳塞栓を起こし、腎臓に飛べば腎梗塞、脾臓に飛べば牌梗塞を起こします。手足の先まで飛ぶことも多く、皮膚に斑点が出てくることがあります。

主な治療方法は、抗生物質の投与です。多くはペニシリンを大量に点滴します。弁膜の破壊がひどくて、心不全が進行するときに手術の適応となります。

予防法はなんといっても、口の中をキレイに保つこと。食後の歯磨きや舌苔(舌の汚れ)を拭い落とすことが大切です。

それから、定期的に歯医者さんに口の中の状態をチェックしてもらうことも大切。

また、もう1つ怖いのが「虚血性心疾患」です。「心筋梗塞」や「狭心症」などのように、心臓に十分に血液がいきわたっていない状態を虚血性心疾患といいます。

歯周病菌が血液中に入り、心臓の血管壁に炎症を起こして動脈硬化を起こしている可能性もあります。虫歯や歯周病は、全身の病に影響するのです。先進国で日本人が一番、歯のメンテナンスに力を入れていない国だとか。もっと歯を意識して生活していただきたいと思います。

歯周病対策(なたまめなど)と具体的な改善や感想(一覧)

口の中のねばつきは歯周病が原因

ドライマウス、ストレス、瘀血などが原因の場合も

口内がネバネバする原因にはいくつかの原因が考えられます。まず1つは、歯周痛(歯槽膿漏)が原因の場合。歯周病は、歯周病菌の出す毒素が原因で、歯茎が炎症を起こす、歯茎から出血する、歯がグラグラする、口臭がするなどの症状が出ます。
なた豆 – なた豆茶を常飲したら歯周病による歯茎からの出血が改善

毎食後、歯磨きをすることと、定期的に歯医者さんに診ていただくことも大切です。また、ドライマウス(口腔乾燥症)が原因ということも考えられます。

唾液の量と質が全身疾患にも影響する(ドライマウス) | Health Check

ドライマウスになると、唾液が減少して口の中が乾燥し、口内がネバネバします。唾液腺や涙腺などの外分泌腺の障害によって起きるシューグレン症候群も同様です。また、加齢とともに口の筋肉が弱ったり、唾液の量が減少してしまい、口内に細菌を増殖させて、口内のネバネバを生み出していることがあります。

唾液の分泌をよくするには、食べ物をよく噛む、ガムを噛むなどが有効です。蒸しタオルで顔の下半分~顎にかけての部分を温めると唾液腺の働きがよくなります。

ストレスが原因で、口の中がネバネバすることもあります。ストレスがかかると、自律神経のうちの交感神経が優位になります。
そうすると緊張状態が続いて、唾液の分泌が抑えられるのです。お風呂にゆっくり入る、好きな音楽を聞く、運動をする、カラオケにいくなど、1日1回はリラックス時間を作るように心がけましょう。

食べることも、副交感神経を働かせる効果があります。ストレスがかかるとやけ食いをするのは、交感神経優位の状態から副交感神経優位にもっていくための反応なのですが、

食べすぎで血液を汚して、ネバつきの原因になるのでNGです。血流のいい体を保つことも大切です。歯茎が炎症を起こして腫れたり出血するといった症状は、漢方では「瘡血」が原因と考えます。癖血は血液の流れが悪くなって、血液が汚れる状態。老廃物が多くなり、汚れたところにはバイ菌がつきやすくなり、炎症や出血の原因となるのです。

食べすぎない、運動、入浴などで血流をよくする、生姜をよく摂る(生妻には炎症を抑える・バイ菌をやっつける・血流をよくする・免疫力を上げる効果がある)などを心がけましょう。
ショウガの成分をさらに高めた「蒸しショウガ」でさまざまな症状や病気を改善(実際の使用感)

舌の筋肉が老化することでいびきをかく

舌の筋肉が老化でゆるみ、気道を塞ぐ

舌は、先端の部分から根元まですべて筋肉で、根元はとても太くなっています。舌の筋力も、お腹や脚の筋力と同様に年々衰えますから、仰向けに寝ると重力によって舌が気道を塞ぎ、いびきが出てしまいます。

舌の老化を予防するためには、舌の筋トレが必要です。意識して舌を出したり、丸めたり、ねじったりすることで筋力が鍛えられます。カラオケやコーラスなども、舌の筋肉を鍛えることになりますし、よく噛む、硬いものを食べるのもオススメです。

また、いびきは舌の肥大でも起こります。痩せた人でも睡眠時無呼吸症候群になる患者さんがいますが、口の中を診ると舌の肥大がみられます。

これは漢方では、「水毒」の特徴的な所見です。舌が肥大しているのは「むくんでいる」からなのです。漠方の診察では、舌の大きさを診つつ、お腹を叩いて振水音(胃袋がぽちゃぽちゃと鳴る音)があると、この人には「余分な水がある」と判断します。
この場合も、横になると重力によって舌が気道を塞ぎ、いびきや呼吸停止につながるのです。水分を摂りすぎない、運動や入浴で汗をかくことが大切です。

さらに、いびきと肥満にも密接な関係があります。太っているとぜい肉が気道を狭くし、舌の厚みも増して、いっそう気道を塞ぐことになってしまうのです。

鼻筋が曲がっている鼻中隔湾曲症や、慢性副鼻腔炎(蓄のう症)などの鼻疾患のある人、だんご鼻の人、口蓋扁桃やアデノイド(咽頭扁桃)が肥大している人もいびきが起こります。

なた豆 – 実際に飲んでみての症状の具体的な改善や感想(一覧)
ナタマメは蓄膿症に効果があります。

Copyright © 2018 食事でもっと健康になる

Theme by Anders NorenUp ↑