食事でもっと健康になる

Category: 食品 (page 2 of 2)

農薬不使用のヤーコン葉

糖の吸収抑制に働く有用成分が豊富

ヤーコンは長寿地方として知られるアンデス高地原産の根菜です。その根はオリゴ糖と食物繊維が豊富で、見た目はサツマイモのような形をしています。中南米ではこのヤーコン芋だけでなく、大きな葉も貴重な食材。アンデスの人々も、インカ帝国の時代からヤーコン葉を煎じて、「長寿のお茶」、「健康茶」として飲んでいたそうです。そんなに昔から健康茶としてヤーコン葉が用いられてきたのは、きっと「ヤーコン葉の体内環境を改善する力」を体感していたからでしょう。そこで私は、ヤーコン菓にどんな力があるのか、日本の分析機関に依頼して調べてみました。

するとヤーコン葉には、糖の吸収抑制に働くというカフェ酸、タロログン酸、プロトカテキン酸などの有用成分が豊富に含まれていることがわかったのです。

良い自然環境の中で育つからこそ健康にいい!

私は約20年という年月をヤーコン葉の栽培に費やしています。そしてその経験から、「良い自然環境の中でこそ、健康にいいヤーコンが育つ」ということを学びました。ですからヤーコン葉を育てるときには、農薬や化学肥料は一切使いません。人間も植物も同じです。ファストフードばかりを食べて育った子どもは健康的でしょうか。豊かな自然の中で育ったヤーコン葉は、自然の恵みをたっぷりと受けて、のびのびと育ちます。だからこそ、糖に働く有用成分もたくさん作り出せるのではないかと考えます。農薬や化学肥料を使わずにすくすくと育ったヤーコン葉だからこそ、「テンペ菌発酵茶」の素材として高血糖撃退パワーを発揮しているのだと思います。

ストレスで太ってしまったがヤーコンの赤ワイン煮で体重が戻る

ほうれん草は鉄分が多くすばらしいが吸収率が悪いので工夫が必要となる

牛肉はおいしいが、コレステロールが多く、人によってはアレルギーを起こしたり心筋梗塞を引き起こすアラキドン酸という脂肪酸が多いからと敬遠する人がいます。ヘルシー時代に牛肉はあまり好かれません。ところが、A5ランク以上のサシが入った牛肉は売れ切れが続出しています。

しかし、これは過剰な心配であり、牛肉のような肉類は適度に食べる必要があると専門家は警笛を鳴らします。

それは貧血を防止するのに意とても重要な食材だからです。血液はヘモグロビンという赤い血色素を含んでいます。この中には、ヘム鉄とよばれる特有の形をした鉄の化合物が含まれています。このヘム鉄は、食品の中に含まれており、同類のヘム鉄を摂取することで補給することができます。

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、その区別が最近はっきりしてきました。ヘム鉄は動物性の食品に多く含まれています。

たとえば、牛肉やレバーのようなものにはヘム鉄が非常に多いのです。また、魚では血合いの部分に多く含まれます。こういった例から分かるように、赤い部分にヘム鉄が多いのです。ヘム鉄は非常によく吸収され、血色素の材料として体内で役立ちます。

これに対して非ヘム鉄は、ホウレンソウとか青海苔など、植物性の食品に多く含まれています。この非ヘム鉄は吸収があまりよくないだけでなく、吸収されてもそのままではヘモグロビンの材料としては役立ちません。そこでこれをヘム鉄として吸収させるためには動物性の食品を一緒にとることが必要となるのです。

それには卵などが手軽ですが、しかし、貧血防止にもっとも有効なのは、牛肉のような赤い色をした肉をときどき食べることです。肉類の中では牛肉がもっともヘム鉄が多く含まれます。牛肉のコレステロールや飽和脂肪の多さが気になる人は、食べる部分を選べばよいだけです。

ヘム鉄は赤い筋肉の部分に多く含まれており、脂肪の部分にはあまり含まれません。そこで、赤身の脂肪分の少ないところを食べればよいというわけです。脂肪が少ないのは、もも、ヒレなどで、反対に脂肪が多く筋肉が少ないのはバラ、ロースなどです。

とくに、高級な霜降り肉は、脂肪分が筋肉を上回っているので要注意です。貧血は健康にとって大きなマイナスしかありません。というのは、ヘモグロビンは、体のすみずみまで酸素を運搬する大きな役割をもっているので、体のすみずみまで十分に酸素が運ばれない貧血の状態では、あちこちに故障が生じてしまうのです。貧血気味の人は肉類をかしこくとるべきでしょう。

そして食事にも注意が必要です。
「貧血を予防する」時の食事はここに注意する
http://wahuu968.blog50.fc2.com/blog-entry-353.html

アロエジュース レシピと作り方

材料2人分

  • アロエ小1/2枚
  • りんご…1/3個
  • 皮付きレモン1/4個
  • はちみつ…おおさじ2杯
  • セロリ…3cm
  • ほうれん草…1株
  • 塩、少々、氷適宜

作り方

  1. アロエ、皮をむいたリンゴ、レモン、すじをとったセロリ、葉さきのみをつみとったほうれんをきれいに洗っておく
  2. ミキサーに1を入れ、水と氷、塩はちみつを加えて回し、味をととのえる

アロエ効果はこちら

大根はこうして買うのがベスト

スーパーの野菜売り場に行くと、1本まるごと売っている大根もあれば、上下でカットしたハーフサイズもあります。その場合、どれを買うかは、作る料理や味の好みで決めたほうがいいでしょう。
たとえば、大根おろし用にちょっと欲しいというとき、「甘みのある大根おろしが好き」なら上半分、「辛いほうが刺激的で好き」なら下半分がおすすめです。

なぜなら、大根は部位によってかなり味が変わるからです。同じ1本の大根でも、上と下では、なんと10倍以上も辛さが違うのです。辛みのもとになる物質の量や酵素の働きに違いがあるためで、葉に近い上の方は甘く、下に行くほど辛くなります。

歯ごたえも上下で変わり、葉っぱに近い部分ほどシャキシャキと噛みごたえがあり、真ん中は一番軟らかくなります。この部位別の特徴を料理に生かすとなると、サラダや酢の物などの生食に向いているのは、首のほう。

ふろふき大根やおでんなど、厚切りにして作る煮物に合うのは、胴部分。そして薬味にしたりきんぴらやみそ汁など濃い目の料理に合うのはしっぽのほうです。
うまく食べ分けることが大根料理をおいしく食べるコツです。料理は素材の特性をしっかり生かすのが美味しくする最大のコツ。どこを食べても同じ?などと思っていたらおいしい料理にはいつまでたってもたどり着けません。

ピーナッツの皮むき

ピーナッツの殻むきは、完全に機械化されています。まず、落花生を大型脱皮機に入れます。この機械の内側には、木製の羽状のものがありこれが回転しながら、落花生の殻を割っていきます。
割れた殻は、羽の風圧によって外に飛ばされ、渋皮のついた裸の豆だけが残るという仕組みになっているのです。
次に、内皮付きの豆は粒型選別機に入れられ、サイズによって一等から五等までのランクに分けられます。その後、お湯に漬ける湯漬け法か、ロースターで妙って乾燥させる方法のどちらかで、内皮を取りやすくし、それから脱皮機に入れて皮を取り除きます。
なお、取り除かれた殻や渋皮は、ブタなどのエサにされています。

ちなみに落花生の栄養は、脂質は、オレイン酸 リノール酸が多く、コレステロールを減らす働きがあります。活性酵素の働きでも酸化されにくく悪玉コレステロールを減らし血圧を下げる働きもあります。

ピーナッツの渋皮には、抗酸化パワーを持つレスベラトロール(ポリフェノールの一種)が豊富に含れ血液をサラサラにして心臓病や生活習慣病の予防に効果的。そのまま食べても、料理にぜて食べてもよい。

Newerposts

Copyright © 2019 食事でもっと健康になる

Theme by Anders NorenUp ↑