食事でもっと健康になる

Category: 健康 (page 1 of 2)

再発を繰り返す腸ポリープを「活泉水」にしたらやっと解消

10年来の高血圧も降圧剤不要になった

私はすでに活泉水を6年以上も愛飲しています。すっかり活泉水のフアンになっているといってよく、その理由はこの水を飲むうちに、体にいいことを次々実感しているからにほかなりません。

まず一番に感激しているのが、持病だった腸のポリープから解放されたこと。ポリープが当初できたときは、45日間も入院して手術で切除したのですが、その後も2~3年おきに再発。切っても切ってもできるのです。

ところが、活泉水を根気よく飲むうちに、一昨年の検査で「異常なし」という言葉をようやく医師からもらうことができました。

もう定期検査も年単位でいいでしょう!といわれて、心から安堵したのです。

もうひとつ、活泉水のおかげと信じているのが、高血圧を降圧剤なしでコントロールできるようになったことです。血圧160 mmHGものの状態が10年以上続いて、医師には薬をすすめられていたのですが、どうにも気乗りがしませんでしたが仕方なく服用していました。

そこで、活泉水をせっせと飲んだところ、血圧が徐々に下がって、ついには110~120 mmHGものに安定するようになったのです。当然ながら、医師はもはや薬の「く」の字も口にすることばありません。

視力の改善も活泉水に感謝していることで、老眼鏡を使わなくても、手元がクッキリ見えるようになりました。そのうえ、眼科で手術を提案されていた、右目の白内障まで大改善。視界のかすみとまぶしさが解消して、手術はとりあえずなくなりました。

現在では、糖尿病に悩んでいる妻も活泉水を飲用するようになりました。

外出するときも、ペットボトルに活泉水を入れて小まめに飲んで、血糖値は120~150 mg/dlで落ち着いているとのこと。今後も夫婦の健康の秘訣として、清泉水には末永くお世話になろうという心境です。

再発を繰り返す腸ポリープを治してくれた「活泉水」はこちら。

血糖降下剤を使わずに糖尿病を克服できたのは活泉水のおかげ!ヘモグロビンA1Cが下がりLL体型も解消

快眠、快便、快食の3拍子そろった健康体にシワもとれた!

昨年秋の人間ドックで高血糖だと注意を受けたとき、「やっぱり!」という思いでした。もともと糖尿病の家系で、入院したり、インスリン注射をする親族の姿を何度も見ていたからです。透析をしている叔母や叔父をの姿をみるたびに私も注意しなくちゃ!とずっと思っていました。

私の場合、血糖値は120 mg/dlだったのですが、ヘモグロビンAICが7.7%と高めでした。悪玉コレステロールも174 mg/dlと基準値ギリギリで、憂うつな思いがつのりました。

そんなときに、糖尿病が快復する水と以前に雑誌で紹介されていた、活泉水のことが頭をよぎったのです。水で糖尿病がよくなるの?と思いつつも、試しに飲んでみたところ、まろやかな味わいでとてもおいしい。体の中にすーっと溶け込んでいくような不思議な感じがしました。

私はひと口で気に入って、それからはジュースやコーヒーは禁物にして、活泉水を2リットル飲むことを日課としました。

当初の半信半疑の気持ちが消え去って、活泉水はすごい!と実感したのは、飲用開始から2ヶ月後のこと。ヘモグロビンA1Cが6.9までスッと下がったのです。以降は2ヶ月に1回の検査のたびに、ヘモグロビンA1Cは6.5→6.0と段階的に改善しました。

これには医師も驚くばかりで、血糖値も102 mg/dlで問題ないレベルになり、悪玉コレステロールまで127mg/dlの安全圏におさまったのです。

さらに予想外の感激だったのが、以前から念願だったダイエットに成功できたこと。活泉水を半年飲んだころには、体重が77 kgから68 kgにすんなり減って、それまでのLL サイズの服がダボダボになりました。「やせたら?」と夫に嫌みを言われることもありません。

体調の悩みも解消して、体のだるさを感じなくなり、便通は毎日良好ですし、尿がスッキリとよく出ます。日光アレルギーの肌のブツブツまで消えて、肌にプルプルの張りが出て、シワがなくなったのもうれしいこと。薬なしで糖尿病を退治できて、美容にもいいことがいっぱいあって、活泉水は本当にありがたい水!と感謝することしきりです。

糖尿病を血糖降下剤なしで改善できた活泉水はこちら。

飲み水を水道水からミネラルウォーターの「活泉水」にかえただけで血圧190が140に下がり、頭痛も消えた

降圧剤をやめられるかもしれない手応えを感じている

若い頃から塩辛いもの、味の濃いものが好きという性分がたたったのか、血圧がジワジワと上昇して、2年前にはついに190/100 mmHGまで達してしまいました。これでも降圧剤は3種類を2錠ずつ飲んでいるんです。
薬を飲んでも数値は改善せず、不気味な頭痛にも苦しめられました。血圧が上がってくると、頭のてっぺんがズキズキと激しく痛むのです。大げさでなく、「このまま死ぬんじゃないか?」という恐れまで抱きました。
主治医も降圧剤が効かないのでややイライラしている様子でした。

活泉水のことを知ったのはネット上に私のように血圧が高く頭痛が悩まされている人が活泉水で血圧がさがったというブログを読んだことでした。

1年ほど前に、薬でダメならこれに頼ろう!と飛びつくように取り寄せたのです。活泉水はほんのり甘くて飲みやすく、体にスッと入っていくようで、いくら飲んでもお腹が重たくなりません。ミネラルウォーターを飲んで、こんなにおいしいと思ったことはあれまでにありませんでした。
これはいい水と出会えたと、1日1.5~2リットルの活泉水を飲み続けたところ、1ヶ月はどで気がついたのが、体のしんどさがなくなったこと。血圧が高いときは、どうも心臓の鼓動が早くてドキドキしていました。少し動くと一息いれないと次の行動が起こせなくなっていました。

家事に追われても足がスイスイとよく動くし、心臓の動悸もなくなり、1日の疲れもぐんと軽くなり、翌日に残らなくなったのです。

血圧が下がってきたのもそのころからで、半年後には140/80 mmHGに安定するようになりました。命の危険まで感じたズキズキと響く頭痛も、おかげさまで今やずっとごぶさたです。

もっと早くに活泉水を知っていれば、あんなに怖い思いをすることもなかったのになあ、という心境です。念のため、病院でもらった軽い薬を朝だけ飲んでいますが、活泉水を手放さなければ、きっと薬もいらなくなるという手ごたえがあります。

こんなに体にいい水ならば、私だけ飲むのはもったいないと、息子にもすすめて一緒に愛飲するようになりました。のどが渇いたら、活泉水をすかさずゴクリと飲む。この習慣さえ忘れなければ、これからの人生、高血圧におびえる必要はないでしょう。

190 mmHGもの高い血圧を下げてくれた活泉水はこちらです。

活泉水を飲んで糖尿病と高血圧が1ヶ月で改善、少し食べ過ぎても太らない

気づいたら棺桶に片足をつっこんでいた

ずっと病気知らずでいた私が糖尿病に足を踏み入れたのは、今から10年前のことです。実母と夫の母の介護に追われて、倒れ込むほど体が疲れきっていた時期でした。同時に血圧も150/90 mmHGに上昇していて、医師に「棺桶に片足を突っ込んでいる」とまでいわれたのです。

動揺したときに思い出したのが、数年前、友人にすすめられた活泉水でした。特にピンときたのが、活泉水にはミネラルのケイ素が豊富ということ。当時、なじみの整体の先生からも「体のためにはケイ素がいいよ」と助言されていたのです。

さっそく、私は飲み水は活泉水だけにすることに決めて、毎1.5~2リットルはしっかり飲み干すように。ご飯を炊くのも、野菜を煮るのも活泉水を使うように徹底しました。この努力が見事に実を結んで、活泉水を飲んでわずか一カ月後には、血糖値が160 mmHGから110 mmHGへと急降下。血圧も130/70 mmHGに改善して、医師から「この数値なら文句なく健康体だ」と81太鼓判をもらったのです。さらに喜んでいるのが、活泉水を飲んでいると体が太らないこと。ケーキや甘いお菓子をバクついて、体重が1~2 kg増えても、すぐにもとどおりに減ってくれます。

友人と旅行で食べ歩き・食べ放題で満腹しても、スタイルは全然変わらず。ホテルまで持ち込んで、活泉水を飲んでいるからに違いありません。今では活泉水を洗顔にも用いており、肌の色が白くなって、シミが薄くなったことを実感しています。

活泉水を含ませた泡で、首・胸元・手を洗ったら、アレルギー性の湿疹まで消えました。あれもこれも活泉水のおかげと感謝するばかりで、これほど信頼できる水はほかにない!というのが本音です。

私を救ってくれた活泉水はこちら。

カップ麺の功罪

「情報過食症」時代の食を考える

カップラーメン

カップラーメン

Continue reading

遠視と老眼

花粉症で目がかゆくて目やにばかりでてくるので眼科を受診。遠視と老眼を同じものだと思っていたがこれは全く違うものだということがわかり目から鱗ものだった。
ものをはっきりと見るためには、角膜から入った光が水晶体を通って屈折し、膜上に焦点を合わせる必要がある。ところが、遠視の場合は、ものを見るとき、焦点が網膜より後方で結ばれてしまう。

これは、角膜や水晶体の屈折率が弱すぎたり、限軸(眼球の前後の長さ) が短かったりするのが原因。遠くを見るときも近くを見るときもそれは同じなので、理論的には遠くも近くも見えにくい。

しかし、若い人で軽い遠視の場合は、水晶体の調節機能が働くため、無意識にピントを合わせて、遠方も見えることになるのだ。それにたいして老眼は、カメラのレンズにあたる水晶体の弾力性が弱まって、近くを見るときに厚みを増すことができない状態。年齢を重ねるとともに水晶体の機能が低下し、近くのもののピントが合わせにくくなってぼけて見えるようになるそうだ。

この水晶体の機能低下は、加齢とともにだれにでも起こる老化現象のひとつ。
老眼は一般的には40歳を過ぎたころから出始める。しかし、個人差があり、30代で始まる人もいるようだ。老眼が進行してくると、手元のものが見にくくなり、携帯電話を操作したり、新聞を読んだり、細かい仕事をしていると、目が疲れやすくなる。

遠視と老眼は別ものだが、遠視の人はより早く老眼になりやすいともいう。また、近視の人は老眼になりにくいといわれることもあるが、こちらはあまり根拠はない。近視の人の目は、焦点が網膜より前方で結ばれ、もともと近くを見やすい状態になっているために、自覚症状として表れるのが遅いだけ。老眼にならないというわけではないことを知った。
かなり待たされたが、あらたな知識を得ることができてまぁよかった。
視力アップ、疲れ目、ドライアイを解消

女性でも禿げる時代になった

昨今は、女性の薄毛対策商品が活況を呈していることを書きましたが10数年ぐらい前から、若い女性に男性型脱毛症と同じタイプの脱毛が見られるといわれるようになってきました。これまでにはなかったタイプです。

男性型脱毛症は、男性を通して優性に、女性を通して劣性に遺伝しますが、脱毛症になる確率は、祖父や父親だけでなく、女性(母親)の持つ遺伝子から影響を受けることもあるのです。しかし、女性は、脱毛症の遺伝子が父方、母方から2つあっても、男性のように極端なハゲになることはありません。なぜなら、女性ホルモンの働きによってブロックされているからです。そのため、医学的には、男性型脱毛症は女性には起こらないことになっていました。

それが、最近では男性型脱毛症と同じような脱毛が起こると認識されるようになりました。女性ホルモンの分泌の異常が影響しているかもしれませんが、詳しいことはわかっていません。

男性と対等に社会で働くと、ストレスも大きく、それが女性ホルモンや自律神経のバランスを乱しているのかもしれません。それとは別に、更年期を過ぎて、女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモン全体のバランスが崩れると、女性ホルモンの庇護がなくなるので、男性と同じように髪の毛が薄く、つまり、女性でもハゲることがあるようです。

シルクアミノの使用感、口コミ

自律神経が安定しないとストレスの影響を受けてしまう

自律神経は、血液循環や血圧、臓器の働きをコントロール制御しています。活動のときに優位になる交感神経と、休息のときに優位になる副交感神経から成っています。就寝前は副交感神経が優位になりリラックスモードにならないと眠れないのも大きな特徴です。

このふたつの神経の両者はシーソーのように括抗し合って働きます。交感神経は活動時に優位になる神経で、心臓の拍動を高め、血管を収縮させて血圧を上げ、消化管の働きを止めて、体を活動的な状態に整えます。
一方、食事のときや休息時には、副交感神経が優位になり、心臓の拍動を緩やかにし、血管を拡張して血流を促し、心身をリラックスモードに変えます。ところが、大きなストレスを受けたり、慢性的に過剰にストレスを受け続けたりすると、両者のバランスが崩れてきます。すると、冷え、頭痛、肩こり、胃腸の不定愁訴が現れてきます。これが、いわゆる自律神経失調症と呼ばれるものです。私たちは、ストレスを感じるから、がんばれるし、能力を十分に発揮できるという一面があります。しかし、慢性的に過剰なストレスにさらされると、ついには、さまざまな病気を発症することになります。ストレスはつくらず、ためず、かわすのがよいようです。
おおいっきり発散することでストレスにも耐性がつくといいます。
ストレスがない人はいませんので、いかに発散方法を見つけるかが鍵とです。

https://jiritsu-guide.com/

5月病予防のために

5月は、大型連休もあるし、ハイキングや小旅行など楽しみが多い月ですが、五月病といういやな言葉も聞かれます。進学や就職で親元を離れ、ひとり暮らしを始めてちょうど1ヶ月ほどたったころ。希望に満ち満ちて暮らしを始めてみたものの、新しい環境になじめず精神的に落ち込んだりする若者がいます。
当然、新入生や新入社員ばかりでなくそういった指導にあたる方の先輩側の人間や指導する側の人間がストレスで5月病になることもあります。

それまで両親や祖父母の料理を何も考えずに食べていた人間が1日なにをどれだけ食べたらよいか?をきちんと教えて送り出さないといけません。
学生食堂や町の定食屋では、みそ汁や野菜の煮物などが小鉢でついていますが、コンビニ弁当になると野菜は少量で揚げ物が定番となっています。また、一人暮らしの開放感から、好きなモノを好きな名だけ食べる喜びを満喫してしまうのです。

「1日に緑黄色野菜120gを含めて350g食べましょう」という健康を守るための目標は思いのほか結構な量です。
キャベツ、玉ねぎ、にんじんをせん切りにし、味出し程度にべーコンを加えて固形ブイヨンを加えて煮込んだスープにすれば100~150gの野菜はわけなくとれるのです。

野菜をとらないと適切なビタミンやミネラルを体に補給することができません。
赤、緑、黄色の野菜にしいたけ、昆布の茶や黒が加われば栄養的には100点はいかなくても80点程度にはなります。戦後日本人の食生活はとにかく大きく乱れています。生活習慣病の発症が増加し、若年化しているのです。
世界一と言われている長寿国の日本もいつかおかしなことになりかねません。伝統の和食を食べる様にし、5月病を防ぎたいものです。

1日は朝食に始まる

1日の食事は金・銀・銅のバランスで

古代ギリシアでは1日の食事は3回でしたが、ローマ時代には朝食は抜き、昼食と夕食の2食になりました。しかし、労働する者にとって朝食抜きは無理なため、昼食は朝食にくり上げされました。朝食は、その日の労働のために多く食べるものとなり、夕食は少し食べて早く寝るという習慣が板づきました。

英語のディナー(dinner) は、1日のうちで内容の最も豊かなもの、つまり正餐を意味し、現在は夕食を指します。しかし、dinnerの語源は、古期フランス語のd iner(ディネ)「断食を破る」で、元来は朝食を意味しました、
これは英語ではfast(断食)をbr eak(中断する)するとなり、breakffastが朝食を意味します。

「朝は王者のごとく、昼は富者のごとく、夕は乞食のごとく」とは、食事の内容や量を、金(朝食)、銀(昼食)、銅(夕食) のバランスで摂るのがよいとするヨーロッパの格言です。現在のイギリス人の朝食は、バターなどを塗ったトースト(パン) に、卵やハムやベーコン、ソーセージなどと、たっぷりのミルクティーの組み合わせです。

その日の労働のために朝食をしっかり食べるという中世の伝統が現在に受け継がれ、この伝統は開拓時代のアメリカにも伝えられ、ボリュームいっぱいの朝食が西部開拓の過酷な肉体労働を支えてくれました。日本では、奈良・平安時代には食事回数は1日2食が普通で、体を使わない貴族たちの朝の膳は、現在の昼食の時刻に摂られました。運動の激しい武士には、2食以外に間食用のコメが支給され、日の出とともに働き始める庶民にも間食が必要なことから、この間食が江戸時代に固定して昼食となり、働かない場合でも1日3食摂るという習慣が普及しました。

しかし、朝食は昼食に比べて重視され、朝食には必ず汁がつけられ、度重なる飢饉のときも、抜くのは昼食であったといわれます。原始の昔から、人問は日の出に起きて日没に休むという生活を続け、その生活に適したリズムは、神経やホルモンの働きによって巧みにコントロールされてきました。

日中は体温、血圧、血液成分などが高く、夜は低くなりますが、このリズムは脳内の体内時計によってコントロールされています。消化機能については、全身の細胞へ栄養素を速やかに供給するために日中は克進し、同時に体の成分の合成が高まり、明日へのエネルギー源が貯蔵されるようになっています。このような日内リズムの中で、血糖値(血液中のブドウ糖量を示す数値)は、早朝4四時ごろに最低に下がり、その後しだいに上がり始めて入時ごろにピークとなります。

これは、起床後の身体活動を円滑にするために、早朝に副腎皮質(ホルモンを分泌する副腎の外側部分) から出たホルモンが体内のたんばく質からブドウ糖をつくり始めるからです。起床後で朝食前という空腹状態のときでも、脳のエネルギー源である血糖値が高ければ、人間はすぐにも活動できます。食糧の安定供給の考えられなかった原始の時代には、狩猟採取などの生存活動のためにそれは欠かせない条件でした。

起床後の血糖値が高いのは一時的なことで、その後に何も食べなければ、それは下がってしまいます。持続的な活動を続けるためにはエネルギー源として何かを摂らなければなりません。

体内時計のリズムに合う

人間の生命活動は脳からの指令によって営まれ、脳が働くためのエネルギー源にはブドウ糖が用いられます。穀類やイモ類などの主成分であるでんぷんは消化酵素(消化を促進する化学物質)によって分解され、最終的に、ブドウ糖に変化して小腸で吸収されます。

血液中のブドウ糖は血糖といわれ、肝臓や筋肉に運ばれてグリコーゲンとなって蓄えられます。肝臓には50~60グラムほど、筋肉には120グラムほどが蓄えられ、過食するとそれ以上は脂肪となって貯蔵されます。

脳にはわずか0.1%に満たないブドウ糖しかありませんから、脳の活動のためには、常に他臓器からブドウ糖が供給されなければなりません。肝臓に貯蔵されたグリコーゲンがブドウ糖に分解され、血糖となって脳に供給されますが、もしもその供給が3分問止まれば、脳の神経細胞は変性して元に戻らなくなってしまいます。

他臓器に比べて、脳は低血糖と酸素欠乏に敏感に反応するからです。また、脳は体重のわずか2%しかないのに、エネルギー消費量は体全体の20% と、その量は筋肉の18% よりも大きいのです。1日に脳が消費するエネルギーは約500キロカロリーといわれ、ブドウ糖に換算すると、125グラムの量となります。

肝臓に蓄えられるブドウ糖の量には限界がありますから(50~60グラムくらい)、脳が必要とするブドウ糖は3回くらいに分けて摂らなければなりません。つまり、1日3食の習慣は体の生理にしたがって、自然に生まれた結果でもあるのです。

ですから朝食を抜いたり、あるいは朝食にでんぷん質食品を全く摂らなかったりすれば、脳のエネルギー代謝は上昇しませんから、眠くなったり、イライラしたり、集中力や気力が低下したりと、さまざまな不都合な症状が出現することとなります。

1日3食は、体内時計のリズムに合うために望ましい習慣です。朝食を抜いて昼食と夕食の2食とした場合、1日の熱量は足りても、カルシウムや鉄分などのミネラルやビタミンなどの微量成分が不足しがちです。朝食を抜くと基礎代謝量(生命活動の維持に最低限必要なエネルギー量)が低下し脂肪の燃焼効率が悪化、体脂肪は皮下や腹腔内(体内での内臓相互のすきま)に蓄積し、肥満や糖尿病などの原因となります。そうしたさまざまなことから、1日3食の習慣が望まれるのです。

こちらの「朝食は抜かない」の意味がわかります。

Olderposts

Copyright © 2018 食事でもっと健康になる

Theme by Anders NorenUp ↑