食事でもっと健康になる

Category: 未分類

サプリメントにも組み合わせによって副作用のリスクがある

すぐに症状がでなくても蓄積されていくケースもあるの注意

自分に不足しがちな成分を補うためにサプリメントを飲む、という人はたくさんいます。でも私は、普通に食事をしていれば利用する必要はないと思っています。

現代人は、サプリメント・ビジネスにのせられているのではないでしょうか。多くのクリニックは、サブリは推奨していません。

というのも、サプリメントはある特定の成分を抽出したものが多いのです。マルチビタミンなどといっても、何千とある成分の数種類を組み合わせたものに過ぎません。その成分だけをたくさん摂るということは、バランスのよい栄養摂取にはならないと思います。

口から入ったサプリメントは、食べ物と同じように胃で消化されます。次に小腸で吸収されて、血管で肝臓に運ばれ、一部が分解され、残りは血液とともに全身をめぐりながら、さまざまな細胞に届けられるのです。そのとき、特定の成分が大量に運ばれるということは、偏った栄養ばかり届くということです。

しかもサプリメントの場合、自分の体質や体重などを考慮しないで摂れるだけに、体に合った成分なのかもわからなければ、どれほどの量が効いているのかもわからないのです。

そのサプリメントを飲んで、明らかに体調がいい、気分がいい、尿の出がいい、便の出がいいなど、なんらかのいい変化があると伺えば、あえてやめたほうがいいとは申し上げていません。

ただし、特定の成分を抽出しているものが多いため、サプリメント同士でも組み合わせによっては副作用が出ることもあると知っていただきたいと思います。

サプリメントは薬のように強い効果がありませんので、副作用がないように感じていても、蓄積されている可能性も考えられます。いくら調子がいいからといって、あれもこれもと何種類ものサプリメントを摂取することは控えるべきです。

どうしても副作用の心配がある方は、病院で血液検査を受けるといいでしょう。サプリメントだけでなく、薬も簡単に手に入るような時代になりました。そのため、「くすり教育」では薬の知識や利用法だけでなく、人間には健全な治癒力があること、サプリメントや薬は、あくまでその力を助けることが目的であることを敢えていくそうです。
現代人にはサプリメントが必要

個人情報はおよそ1人15000円が相場

個人情報の漏洩がテレビや新聞、ネットでも、大きく報じられるようになった。テレビでおなじみの大手通信販売業者ジャバネット○かたで6万人の顧客情報がウェブサイトから漏洩したり、健康食晶会社のアンケート情報4700人分が漏洩したり、就職情報サイトから1万人以上の登薄利用者情報が漏洩した。
これが企業に対し、どれだけ大きな痛手となるのでしょう。たとえばジャバネット○かた社は1ヶ月間の業務を自主先制し、被害総額にして100億円以上もの収入を逸したといいます。

○フトバンクでは被害者のみならず全既存会員に500 円のキャッシュバックを実施。手数料等も含め、その費用は50億円といわれています。

金額だけではありません。信用にも大きな影響を与えます。では、実際に漏洩された個人への補償はどうでしょうか。その数少ない事例に、京都府宇治市の住民票データ流出事件があります。

京都府宇治市の住民票データが外部に流出し、インターネットで販売された事件が、裁判になりました。その際に、被害者に支払われた慰謝料が1個人情報あたり15000円(訴訟料込み) でした。この金額をどう見るでしょうか。この判例に基づくと、1000人の個人データが漏洩すると1500万円、1万人のデータが漏洩すると1億5000 万円の支払いになります。企業の存続すら危うくする金額です。
個人情報を抱えているということは、それだけで大きなリスクとなっているのです。

メールで会員情報を流すような行為は、絶対に避けなければなりません。個人情報の漏洩が頻発するのは、背景としてインターネットの普及があります。企業側がアクセスされやすいところに個人情報を保管し、それが狙われています。同時に、個人情報が価値を持ち、売買の対象となっているのです。さらに、これが部内者による犯罪を招いているようです。

女性のヒップは男性よりも冷たい

昔から、女性のおしりは冷たいといわれます。ルノアールの絵画を思い出すまでもなく、ふくよかなおしりは、温かいイメージがありますが、実際は、女性のおしりは男性のおしりよりも冷たいのです。
おしりを冷たくしている張本人は、意外にも「脂肪」です。実は、脂肪は熱伝導率が低いので、体温保持などの保温作用を持っています。
つまり、体の内部の熟を体外へ逃がさない役割があります。

一方、脂肪は外からの熟も体内に伝えにくく、断熱材の役割を担っているため、脂肪の塊は簡単には温まりません。だから、おしりの表面は冷たいのです。

もう一つ、脂肪h組織には血管が少ないことも要因となります。血液は一定の温度がありますが、血管が少ないと血流量も少なくなるので、その分冷たく感じられるのです。

では、体脂肪が数% といわれるマラソン選手など、体を鍛えた女性のおしりは冷たいのでしょうか。当然、おしりにも余分(?) な脂肪はついていないので、一般の女性よりもおしりは温かいと考えられます。男性の場合も、運動をまったくせず、食べてばかりの肥満の人では、おしりにも脂肪がつきます。すると、おしりは冷たくなると考えられます。

1日3食の背景

よく健康的な体を維持するには、「3食をしっかり同じ時間に食べるように習慣化しましょう」と言われる。

1日の食事は朝・昼・晩の3食と相場が決まっているが、じつはこの食習慣、日本ではわりと最近になって定着したものである。

たとえば、古事記や日本書紀が書かれた8世紀は、食事は朝と夜の2食。室町時代になると、戦場での習慣から武士が3食となり、やがて町人にも広まっていったが、定着するまでには至らず。明治になっても、
1日3回きっちり食事をとっていたのは、お金持ちと工場労働者くらいのものだったという。
つまり、ほとんどの日本人が1日3食たべるようになったのは、つい1世紀ほど前というわけだが、では、どうして3食になったの?
これは、大阪大学の中川八郎名誉教授によると、文明が進むにつれて、頭脳労働の時間が長くなり、そのためには栄養(なかでもブドウ糖)をとらなければならなくなったからだという。中川教授は、肉体労働という点では、昔も今もそう変化はなく、この先もっと脳を使う社会になれば、1日4食になる可能性もあるといっている。

1日3食に習慣化したのは最近ということである。
現代人は、食べ過ぎ傾向にあるので粗食がとても大切。

たまねぎは脂質異常症、高血圧まで一掃し心臓病を予防する

脂質異常症を改善して動脈硬化の進行を抑制

タマネギには、脂質異常症(血液中の悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪などが異常に増え、善玉(HDL)コレステロールが減った状態を改善して動脈硬化を防ぐ効果も確認されています。

血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎると、動脈硬化の進行が早まり、高血圧や狭心症、心筋梗塞を招く大きな原因になります。こうした脂質異常症の改善にタマネギが効果を発揮することは各国の研究で確認されており、インドで行われた試験によれば、脂質異常症の治療薬より改善効果が大きかったという報告もあります。

8割もの人の総コレステロールの低下を確認

脂質異常症に対するタマネギの効果は多くの実験の中で明らかにされています。まず、糖尿病の患者さん22人に、タマネギの凝縮サプリを毎日摂ってもらいました。なお、22人のうち15人は脂質異常症を伴っており、心血管系の合併症がある人は180mg/dl以上を、肥満や高血圧などの危険因子がある人は200mg/dl以上を、危険因子のない人は220mg/dl以上を「総コレステロール値が高い」と判断しています。

20週にわたる試験の結果、総コレステロール値の高かった15人のうち12人(80% )に総コレステロール値の低下が認められ、そのうち8人は目標値まで低下していました。

総コレステロール値の変化を過ごとに見ると、平均220mg/dlの総コレステロール値が8週で明らかに低下し、12週以降では200mg/dl以下に保たれたのです。

また、同じ試験で22人のうち16人は中性脂肪値が150mg/dl以上 の高い状態でした。しかし、濃縮たまねぎのサプリをとることで14人(88%)の中性脂肪値が低下し、そのうち4人は目標値の150mg/dl未満まで低下しています。
中性脂肪値の変化を週ごとに見ると、平均250mg/dl以上の中性脂肪値が4週で明らかに低下し、8週でやや上昇したあと、12週で著しく低下し、それ以後は200mg/dl前後に保たれています。

この試験結果からも、脂質異常症の改善が期待できるたまねぎの量に換算して1日に約4分の1個でした。みなさんもタマネギを主菜や汁物の材料に加えたり、サラダにしたりして毎食の料理に活用してください。

心臓病の発症率は半分に

タマネギは、高血圧に対しても優れた効果を発揮します。
イギリスのハレンベルク博士が行った試験では、高血圧の20人に濃縮たまねぎのサプリを4週間にわたって摂取してもらったところ、最大血圧が平均で136.5mmHGから125.5mmHGに、最小血圧は86mmHGから80mmHGに低下しました。

たまねぎは、少量ながらカルシウムやカリウム、マグネシウムなど降庄作用のあるミネラル(無機栄養素)を含んでいるほか、たまねぎ特有のイオウ化合物も血液をサラサラにして血栓(血液の塊) ができるのを防ぎます。
こうした成分の相乗効果によつて、先ほど紹介した脂質異常症の改善効果や降圧作用が働いたのだと考えられます。また最近になって、タマネギには高血圧に関係するACE( アンジオテンシン変換酵素)の作用を強力に抑える働きがあることもわかりました。

さらに、たまねぎに含まれているフラボノイド(植物の色素化合物)のケルセチンには、悪玉コレステロールが血管に付着するのを防ぐとともに、血管を拡張させる働きがあることも認められています。実際に、オランダの研究によれば、ケルセチンなどのフラボノイドを日ごろから多めに摂取していた高齢者は、摂取量の少ない人に比べて心筋梗塞の発症率が約2分の1、死亡率も約3分の1に減ったと発表しているので、心臓病予防の観点からもタマネギの常食がすすめられます。

たまねぎに血液浄化力は強力で夏に多発する血栓を防止し、脳梗塞やボケを遠ざける

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

Copyright © 2018 食事でもっと健康になる

Theme by Anders NorenUp ↑