食事でもっと健康になる

Category: ダイエット

フルーツの食べ過ぎは太る

食べ過ぎに注意しながら陽性のフルーツを摂る

フルーツに含まれるビタミンCやビタミンE 、ビタミンB群などは、お肌にとって重要なビタミン。それらが多く含まれているフルーツは、女性にとって力強い味方です。

しかもフルーツは、食物繊維も皇宮で便秘解消にもいいですし、カリウムを豊富に含んでいるので、尿の出をよくしてむくみを解消する効果もあります。

ただ、フルーツに多く含まれる「フルクトース(果糖)」も糖分だからと、太ることを心配する人がいるのは事実。しかし、フルクトースは代謝が早いのでエネルギーに変換しやすく、太りにくい食品と言えます。

しかし、食べすぎると、中性脂肪を増やすため、注意が必要です。もう1つ、注意することがあります。それは、フルーツも陰性食品、陽性食品に分かれるということ。

まず、同じカロリーのフルーツでも、体を冷やす陰性食品は代謝を下げるので太りやすい食品。体を温める陽性食品は、代謝を上げるので痩せやすい食品となります。

見た目が「青・自・緑色」で、「南で採れる」ものは陰性なので、パイナップル、オレンジ、バナナ、みかん、マンゴー、キーウイ、グレープフルーツ、もも、なし、すいかなど、色が薄くて歯ごたえがあまりないものは、太りやすい陰性のフルーツ。

それに対して、見た目が「赤・黒・橙色」で、「北で採れる」ものは陽性なので、りんご、さくらんぼ、ブルーベリー、いちご、ぶどうのように色が濃くて硬くて引き締まっているものは、痩せやすい陽性のフルーツとなります。

漢方の「相似の理論」では、人間は「食べたものと同じ形になる」ので、「色が白い」「水分の多い」「軟らかい」陰性食品ばかり食べている人は、水太り体質になると言われます。逆に、「色の黒い」「水分の少ない」「引き締まっている」陽性食品をよく食べる人は、引き締まった体質になるのです。というわけで、痩せたいなら陽性食品のフルーツを食べればよいということ。ただし、どんなにいいものでも、摂りすぎはNGです。

1日2回体重計に乗るだけで痩せる計るだけダイエット

断食が痩せやすい体にする

なかなかやせないという人は、もしかしたら毒素が原因かもしれません。体の中に毒素が溜まると、その毒素を分解・排泄するためにエネルギーを使ってしまうので、脂肪を燃やすエネルギーが不足することがあるといわれています。

エネルギーが不足すると代謝が悪くなり、せっかくとった栄養素もうまく使われず、太りやすい体になってしまいます。やせやすくなるためにも、体の毒素を出して(デトックス)、代謝のいい体を手に入れましょう。

毒素を体の外に出すためには「断食」も有効な方法のひとつです。
人間の体は48時間固形物を食べなければ、自然に「排泄モード」に切り替わり、毒素を体の外に出しやすくなるといわれています。ただし、「断食」は医師などの専門家の管理下でないと危険です。

そこで自宅でも安心してできる「プチ断食」をおすすめしています。体がリセットされ代謝も上がりやすくなるので、食べ過ぎが続いたときなどにおすすめです。2 日間でできるので週末に行うのが他いいでしょう。2日は無理! という人は、まず胃腸を休めるために24時間で行ってみましょう。

週末ににジュースを使った断食で毒素を排出なら医師の指導は不要で行うことができます。肌荒れで悩んでいる人などは3~4回(週に1回のペース)で劇的に変化するといいます。

女性のダイエットに最適な時期は「生理後」がおすすめ、腸内環境を整えるイサゴールがおすすめ

クリスマス、忘年会、お正月、新年会とイベントが多い冬は、食べ過ぎなどで太りやすい季節ですが、同時に代謝が高くなる季節でもあります。
夏と違い気温が低い冬は、内臓が冷えるのを防ぐために、体が代謝を上げて熟をたくさんつくろうとします。そのため、夏にくらべてカロリーを多く消費するのです。
ただし、いくら冬とはいえ暖かい室内にいたのでは、結局は、夏と同じで代謝は上がりません。代謝を上げるーためには外へ出て外気に触れる必要があります。
急に寒いところへ行って、体がブルッとなったことはありませんか。あれは体が代謝を上げた合図、カロリーの消費量が増えます。この状態でジョギングなどをすれば、より効率的に脂肪を燃やせるでしょう。
女性の場合、季節だけでなく生理周期も重要です。女性の体は、生理日と排卵日で分泌される女性ホルモンが変わるので、その前後でエネルギーや水分の代謝が変化します。生理前から生理中は代謝が低く、体は水分を溜めようとするのでダイエット効果の出にくいタイミングといえます。
逆に、生理後は代代謝も上がり体は燃焼モードになるので、ダイエット効果の出やすいタイミングといえるでしょう。

ダイエットを行うにあたっては、腸内環境を正常にしておくとが必須です。できるだけ善玉菌優位の腸内にしておくとダイエットも苦労せずに痩せることができます。
これはなんといっても便秘を解消しておくことです。
オススメの特定保健用食品【イサゴール】などを使うと副作用もなく便秘を解消することができます。
下痢気味になってしまう人は量、回数を減らすとすぐに治ります。薬ではないので安心して使用できるのも嬉しい点です。

お召し上がり方は簡単!冷たい水に溶かすだけ。ストローで混ぜながら飲むと最後まできれいに飲めます。
「イサゴール®青りんご味」を召し上がった後、さらにお水を1杯飲むことで、さらに効果が期待できます。食物繊維を摂取したあとに水を飲むのを忘れないようにしましょう。大事なポイントです。

Copyright © 2018 食事でもっと健康になる

Theme by Anders NorenUp ↑